遊技産業健全化推進機構

ご挨拶 組織紹介 設立の目的 定款 定款 取り組み 不正・情報を投稿する

最新情報

誓約書を提出されたホール経営者の方へ(お願い)
2008/6/2

誓約書を提出されたホール経営者の方へ(お願い)

現在、機構検査部が行っている立入検査に関しまして、各店舗に赴く検査員や機構事務局へは、店舗側から様々なご質問やご意見を頂戴しております。
 その中には、実際に立入検査を行った店舗側から、「責任者が不在のため検査の時間を変更して欲しい」。また、「お客様がいない時間帯に実施して欲しい」等の要望を頂くことがありますが、これらの点はご提出頂いた誓約書に記載されている各条項をご理解頂ければ、問題無いことであると考えます。

また、今回、改めてお願いをさせて頂きたいのが、機構の検査は誓約書に定められた各条項並びに「立入検査実施要綱」(機構のインターネットホームページに掲載)に基づいて実施している、ということです。

以下に主な注意点を列記致しましたので、ぜひ、ご理解をお願いします。


1.誓約書第1項に定められた通り機構の検査は、「営業時間の内外を問わず、随時、無通知」で行います。従って営業時間中だけではなく開店前や閉店後、休業日の検査を実施する可能性もあります。

また、事前に検査対象店舗に通知し実施することはありませんので、立入検査の際に経営者が不在である等の理由により、立入検査の時間変更を要望される場合もありますが、機構としては、これらのご要望は一切受けません。立入検査が認められない場合は単に立入拒否として扱います。なお、誓約書第4項には「当社は、当社の全従業員及び当社の店舗において業務に従事するすべてのものに対し、本誓約書の趣旨を周知し、その遵守を徹底することを約します。」との条項も定められており、機構等が行う不正防止への活動を従業員に周知徹底することは、誓約事項の一つでもあります。

2.誓約書第1項に定められた通り機構の検査は、「撮影機器及び検査機器等を使用した検査を含めた必要な方法等により」実施します。目視検査と写真撮影のみを行うわけではありません。従って、例えばロムチェッカーを使用することも有り得えますし、レントゲンによる検査も有り得えます。また、検査の対象とさせて頂く店舗は地域性を考慮した上で、ランダムで選定しております。なお、検査方法については前述の通り、必要な検査を行っていることから、店舗によって異なる検査を実施する場合もあります。

※目視と写真撮影等の検査であれば、遊技機の電源をOFFにして実施しますが、ロムチェッカーを使用する際は、遊技機の電源はONの状態で実施します。また、レントゲン検査を実施する場合は、お客様が不在の時間帯等(閉店後や休業日)に実施します。なお、閉店後にレントゲン検査を実施する場合は、極力時間が短縮できるよう努力しますが、店舗側の立会の方には、閉店後2時間程度の協力をお願いします。
あわせて可能であればレントゲン機材への電源の供給もお願いします。

3.誓約書第12項に定められた通り、誓約書の提出と引き換えに機構が発行する、「誓約書提出証明証」は、必ず店舗内に掲出をお願いします。あわせて同項に定められた通り、遊技機の不正改造を理由とする行政処分を受けたときは、直ちに当該行政処分の通知書の写しを添えて、誓約書提出証明証の返却をお願いします。
また、機構ホームページ等でご案内している通り、店舗名称や法人名称の変更等については、早急な変更手続きをお願いします。

以上

機構事務局

このページの先頭へ

最新情報一覧